いつでもストレスフリーで楽器を練習できる防音室|音漏れしない

インテリア

自分で対策

生活音が大きくて、隣人に悩まされたり、逆に隣人を悩ましていたりすることがあります。快適な生活を手に入れるためにも、防音対策をしてみましょう。自分で手軽にできる防音対策もあります。

More Detail

設置するメリット

男性

楽器を練習したい、ホームシアターを楽しみたい、という人は防音室を設置すると良いでしょう。防音室を設置するメリットは、時間帯関係なく大きい音を出せるということです。ギターやピアノなどの楽器を練習する場合、どうしても音の大きさが気になってしまいます。特に夜間は、隣人の睡眠の妨げになることもあります。しかし防音室を設置すれば、夜間でも音漏れが気にならないので、いつでも好きなだけ楽器を練習できるのです。ホームシアターも同様に、大きい音を出して映画館さながらの気分を楽しめます。防音室は、楽器を練習する場所としてだけではなく、勉強部屋としても利用できというメリットがあります。周りの音がうるさいと、なかなか勉強に集中できませんが、防音室なら周囲の音が気にならなくなるので集中しやすくなります。

防音室を設置するメリットはたくさんありますが、設置するとなると高額な費用がかかるので注意したほうが良いです。設置費や材料費込みで、100万円以上してしまうので、まとまったお金を準備しなければなりません。また、防音室自体の重さがかなりあるため、物件によっては設置できないこともあります。このような注意点をしっかり把握しておかないと、後々後悔することになるので気をつけたほうが良いです。高額な費用が支払えない、一生使い続けるかどうかわからない、という場合はレンタルという選択肢もあります。専門業者の中には、防音室をレンタルしているところもあります。レンタルなら、購入するよりも費用を抑えられますし、撤去も可能なので気軽に利用できるのです。

作業員

トップレベルの工事

防音工事を行なうことで、自分の家で気兼ねなくドラムが叩けるようになります。ただ、ドラムの防音工事は非常に難しいので、慎重に専門業者を選ぶ必要があります。専門業者を選ぶ際は、遮音性能の過大数値をチェックしておいたほうが良いです。

More Detail

室内

防音の基本

音や防音の基本について知っておくことで、防音工事の成功率を高めることができます。防音工事を行なう場合、ただ防音をすれば良いのではなく、音の広がり方や響き方も調整する必要があるのです。

More Detail